ラヴニカ・リマスター2024年1月12日新発売

MTG 猫デッキ

今回の記事は猫に注目しました。MTGには犬を示すクリーチャーよりも、猫のタイプを持つクリーチャーの方が100種類ほど多いとのことです。レオニンという猫系や、プレインズウォーカーとしてアジャニも猫タイプです。数の猫をいっぱい戦場に展開する猫デッキをご紹介します。

猫猫ビートダウン
メインボード  サイドボード
8 《平地》
6 《森》
4 《陽花弁の木立ち》
4 《手付かずの領土》


-土地(22)-

4 《聖なる猫》
4 《典雅な襲撃者》
4 《金属ミミック》
4 《うろつく蛇豹》
4 《誇り高き君主》
3 《威厳あるカラカル》


-クリーチャー(23)-

4 《形成師の聖域》
2 《顕在的防御》
2 《選定された行進》
2 《残骸の漂着》
2 《勝者の戦旗》
3 《旗幟 // 鮮明》


-呪文(15)-

 

3 《死者の番人》
2 《顕在的防御》
2 《英雄的介入》
2 《魔術遠眼鏡》
2 《目隠し霧》
3 《ギデオンの介入》
1 《旗幟 // 鮮明》

 

 

絆魂持ちの猫・トークンがたくさん出てきて強化され、《威厳あるカラカル》をどんどん大きく展開していく。さらに《選定された行進》の効果でトークンを2倍に生成する。

《金属ミミック》で+1/+1カウンターをついかで1おく。

《勝者の戦旗》で+1/+1でサイズを大きくし、さらに1ドローできる。猫がうじゃうじゃ出てきて縦にも横にも展開できる猫デッキでした。


トスカ式ゲームライフ様

猫が無限に出続けるコンボ!? 奇想天外なコンボデッキ3種が登場!!をご紹介します